sugishima13

 

さて、今回はダイエットに賢く取り入れたい低GI食品の見分け方についてご紹介します。

 

ズバリ、とにかく食物繊維の多いものを選ぶことがポイントです。

 

糖質を多く含む食品ほど、血糖値が急上昇しやすくGI値が高いものが多いです。

 

一方、食物繊維が多い食材はGI値が低いだけではなく、満腹感が得られたり血糖値の上昇抑制コレステロールの吸収抑制腸内環境の改善など、ダイエットにとってプラスの効果がたくさんあります。

 

糖質が多く食物繊維が少ないごはんやパンなどの主食やじゃがいもよりも、当然、食物繊維が豊富で糖質が少ない野菜、豆類、きのこ類の方がGI値は低くなります。

 

また、果物は糖質を多く含みますが、食物繊維も多いため低GI食品になります。

 

さらに、主食でも白米や普通のパンに比べて、未精製の玄米や全粉粒パンは食物繊維が増えるため、GI値が低くなります。

パスタやそばも主食のなかではGI値が低いことで知られています。

 

私達が普段何気なく食べている食材にはGI値がより低いものに置き換えることでダイエットに有利になる食材がたくさんあるんです!

 

白米 ⇒ 玄米(もしくは雑穀米)

普通のパン ⇒ 全粉粒パン

うどん ⇒ パスタかそば

じゃがいも ⇒ さつまいも

フルーツジュース ⇒ 果物

野菜ジュース ⇒ 野菜

 

 

高GI食品から低GI食品に

 

「ダイエットのために何かを我慢する」という考え方はもう時代遅れかもしれませんね。