sugishima15

今回のテーマは「ヘルシーそうでヘルシーじゃないもの」

みなさんは「ヘルシー」な食材といえば、

どんなものを思い浮かべますか?

雑誌やテレビなどでヘルシーメニューとして紹介されたり、モデルさんや女優さんのブログで紹介されたり。。。


一見ヘルシーそうなイメージが持たれている食品の中には、実はダイエット時には要注意のものがたくさんあるんです!


まずご紹介したいのがオリーブオイル

なんとなくおしゃれなイメージがもたれ、料理系カリスマブロガーさん達のブログにも頻繁に登場するオリーブオイル。


確かに良質な油であることは間違いないのですが、イコールヘルシーなのでしょうか。

まずは、オリーブオイルがヘルシーと言われるようになった理由から説明しましょう。

 

油は脂肪酸とグリセリンというもので構成されています。
この脂肪酸にはたくさん種類があって、どんな脂肪酸で構成されるかによって、油の性質は大きく変わってきます。

 

脂肪酸は、大きく飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分けられます。

オリーブオイルには、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が多く含まれています。


オリーブオイルは、心疾患や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病のリスクを減らすことが報告されていますが、これらはオレイン酸によるものだと考えられています。

このことから、オリーブオイル=ヘルシーと言われるようになったのです。
確かに疾病予防、改善には一役買っていそうです。そういう意味では「ヘルシー」と言えますね。

 

しかし、「ダイエット」という点からみても本当に「ヘルシー」なのでしょうか。。。

ここで注目すべきなのは「カロリー」です。

sugishima15_2

実は油のカロリーは、オリーブオイルもそれ以外の植物油も、どれもぜーんぶ同じなんです!

つまり、摂りすぎるとカロリーオーバーで肥満の原因になってしまうということです。

 

いくら体にいい油といっても、イコール「低カロリー」ではないのです。

「ヘルシーそう♪」なイメージに惑わされないでくださいね。