tomohiro29

もうすぐ6月。
今回は自律神経についてのお話です。

この時期あなたの自律神経は、寒い冬から暖かい季節へシフトしようとメチャクチャ頑張ってくれています。なのに春は追い打ちをかけるかのように、寒い日もあれば30度近くまで気温が上昇する事もありますよね。

そんな春には、いわゆる不定愁訴(頭痛やだるさなど、何となく体調が悪いが検査をしても原因となる病気が見つからない状態)や自律神経失調症などの問題が起きやすいのです。
5月病なんていう言葉もあるくらいなので、この時期はそういうもの、と諦めている方もいるかもしれません。

なんだかだるいし、体調が良くない。だから通勤電車ではいつも眠って体力を温存しているという人もいるでしょう。
でも、あなたの体調不良、その『朝の居眠り』をやめれば解決するかもしれませんよ。


■2度目の自律神経ONは労力も2倍!?

tomohiro29-1

いつも疲れている中、せっかく朝の電車で座って寝れるというのに、このおっさんは何を言っとるんだ! と思ったでしょうか?

しかし、朝の起床によって一度ONになった自律神経も、通勤電車で寝ることで再びOFFになってしまうのです。さらに、OFFになった自律神経をまたONにするためには、時間と体力と神経が朝の2倍必要と言われています。

せっかくやる気スイッチがONになった自律神経を、電車で寝る事でまたOFFにするなんて、そんな殺生な事ないですよね。当然午前中の仕事のパフォーマンスも落ちてしまうでしょう。
 

■どうしても疲れてて……そんな人はどうする?

tomohiro29-2

俺は疲れてるからどうしても寝たいんだ! って方には、お昼寝を推奨します。昼寝の効果はまたいずれ書きたいと思いますが、20~40分の昼寝の効果は絶大! 午後のパフォーマンス向上に効いてきますよ。

たとえ眠れなくても、心と身体を少し落ち着かせるだけでも効果があります。睡眠が足りている方は、その時間はマインドフルネスを行う事にあてても良いですね。

ちなみに時間は夜の睡眠や午後のパフォーマンスに影響するので、40分以上寝過ぎないように注意してください。


ただ、元々朝寝坊が多い方や、朝どうしてもスッキリしないという方は、まずは自律神経をONにさせる下の方法をお試しになるのが良いかと思います。

①朝目覚めた時にお日さまの光を浴びる
②朝、熱めのシャワーを浴びる
③朝食を食べる


朝の大事な時間をどう使うかは、あなた次第。
知識とちょっとした行動で人生を変えて行きましょう!!