tomohiro03

人体がカロリーを消費するのは大きく分けて3つほどしかありません。

  1. あなたが行う運動や生活に必要な活動によるもの(生活活動代謝)
  2. 食事を行った時に消費するカロリー(食事誘導性熱代謝)
  3. BMR(Basal Metabolic Rate)やRMR(Resting MetabolicRate)等で計測されるいわゆる新陳代謝と呼ばれる、何もしていない時に消費するカロリー(基礎代謝)

一番最初の以外はひっかかりますよね。気になりますよね。

みなさんが一番「えー」と思った2番目は今度ゆっくりお話しするとして、まず一番大事な基礎代謝に関してお話したいと思います。

 

■基礎代謝って結局なに?

実はこの基礎代謝のトリックさえ分かってしまえば、痩せることはそんなに難しい事ではありません。

一般的に基礎代謝の目安と呼ばれる物にはBMRやRMRがあります。
簡単に言うと「何もしていなくても消費するカロリー」の事を指します。基礎代謝とは、人間が生きるうえで最低限消費するエネルギーのことを指すわけです。
寝ていても、横になっていても、皆さんの心臓や脳、その他の内蔵などは働いていますよね。すなわち、カロリーを消費しているわけです。これはもちろんじっとしてても消費されます。

何もしていなくてもカロリー消費しているってすごくないですか?

1日の消費カロリーのうち、実はこの基礎代謝がなんと約60%を占めると言われています。
生活活動代謝が約20%、食事誘導性熱代謝が約10%と言われていますから、いかにこの基礎代謝が重要かがお分かりになると思います。

この基礎代謝、若いときほど高く、年をとるにしたがって減ってきます。
若い頃から殆ど食べる量が変わっていないのに最近ドンドン太ってきたあなた!!この基礎代謝が下がってきたせいですよ!!

 

■基礎代謝を制するものがダイエットを制す

この「だからあなたは痩せられない」シリーズでは、最初っから痩せるための極意を教えてしまいます。
「痩せたいならこの基礎代謝を上げろ!!」
これが極意です。

何もしていなくてもカロリー消費してくれるんですから、これさえ上げてしまえば同じ量をいつも食べていると過程すれば、人体生理学的に100%痩せるはずなのです。(ギャル曽根さんのような特異体質は除きますが…)

もっと簡単に説明すると、
総摂取カロリー - 総消費カロリー
がプラスなら体重は増え、マイナスなら体重は減る訳です。もっと平たく言えば、食べたカロリーより消費したカロリーが多ければ、体重は減っていくに違いない。
これですよ、これ!!

痩せた、太ったで大騒ぎのみなさん、体重を減らすなんて実はこんな簡単な事なんです。

じゃあどうすれば基礎代謝を上げられるかって?

実はここに魔法の薬がー!って、そんな簡単には上がりゃしませんよ、あなた。そりゃそうですよ。しかし、実は私、すでにその魔法も、魔法の薬も両方とも知っているんです。


つづく