tomohiro20


「座っていることは新しい喫煙だ」 ※原文 "Sitting is new smoking”

これは、昨今アメリカで盛んに言われている言葉です。どういう意味なのでしょうか。

その前に皆さんは、1日どれくらいの時間座ったまま仕事をしていますか? 2時間も3時間も座りっぱなし、という人もいるかもしれませんね。

しかし、現代の人間ほど長時間座って生活している動物は地球上ではまれな存在です。動物の多くは、長時間座っていればいるだけ他の動物に食べられてしまうリスクが高まるため、本能的に動くことを選択しているのです。

つまり、本来は長時間じっと座っていることは、自然な状態ではないともいえるでしょう。

ただ、多くのビジネスパーソンがパソコンの利用を求められる中で、長時間座っていることが習慣化しています。そんな我々現代人にとって、健康に生活するには一体何が必要なのでしょうか?

 

■死亡率上昇・効率低下…… 動かないリスクとは


アメリカは、皆さんもご存知のように肥満が多い国です。そのため、長時間座っているとどれだけ健康に悪いかというデータや、科学的なエビデンスも数多く発表されています。

その中には、「30分程同じ姿勢で座り続けているのは、タバコを一本吸ったのと同じくらい体に悪い」なんていうデータや、「1日8時間以上座って仕事や業務をされる方は1時間程度の方と比べて61%も死亡率が上がる」というデータまで存在しています。


長時間の座り仕事が体に及ぼす影響は、心筋梗塞、糖尿病、大腸がん、乳がん、子宮がん、頸椎捻挫、もやもや病、肩こり、脊椎の傷害、椎間板疾患、大腿筋の筋力低下、下肢静脈瘤、骨粗しょう症等々あげればきりがありません。


しかも、20分以上座り続けていると脂肪を分解する酵素の分泌が低下することも分かってきています。

他にも、座り続けていることの弊害として皆さんが感じやすいのは、肩こり(筋性頭痛)や腰痛かと思います。そしてこの肩こりや腰痛は、なんと30%も業務効率を下げているとも言われているのです。


ということは業務中に起こりうる肩こりや腰痛を予防することで、業務効率そのものが30%も上昇する可能性が秘められているとも言えますね。

 

■1秒で改善! 魔法の習慣を取り入れて


今までのように長時間座った姿勢で働いているだけでは、健康のリスクはどんどん大きくなり、業務効率もなかなか上がらないという状況に。

  • パソコン作業が1日5時間以上である
  • 座って仕事や業務を行う
  • 肩こり(頭痛)または腰痛がひどく、業務に支障をきたしている


こういったことが思い当たる人でもすぐに出来る改善策があります。それは、今すぐ「正しい姿勢」を意識するということです。


常に良い姿勢を保つのは、ずっと座りっぱなしで運動不足の皆さんには辛いでしょう。しかし、「常に良くするように心がける」だけでも、十分効果があります。ただ一番大切にして欲しいのは、以前お話しした魔法の習慣“ドローイン”を取り入れることです。

ドローインを行うように意識しつつ、30~60分に1回は立ち上がるようにしてみてください。こんな簡単な事であなたの健康が維持できるとすれば、やらない手はきっとありませんよね。

ちなみに最後に追い打ちをかけるようで恐縮ですが、日中ずっと座っている人と、1日中立ったり座ったりこまめに動いている人とでは、1週間でフルマラソンを1回走ったのと同じくらいカロリーの消費量が変わってきます。


さあ、現代の企業戦士の皆さん。今こそ立ち上がってみませんか。